Trailer & Hitch ONETON CAMPER
  トレーラー・ヒッチメンバー製作販売 ワントンキャンパー



道路運送車両法と道路交通法におけるトレーラーの取扱い



むつかしいタイトルですがトレーラーを牽引するためには最低限このくらいの知識が必要です。
要するに知っていただきたいのはこう言う事です。
「トレーラーにはエンジンも付いてないし、ただのリヤカーみたいだけれど、法律上の取扱いは自動車なんだ。」
「自動車で引っ張るから、馬や人力で引く車両と違って自動車として取扱われるんだ。」
大型トレーラーのナンバープレートを見た事がありますか?前の車(トラクター)と後の車(トレーラー)のナンバープレートが違います。切り離されたトラクターを見たら、普通の車と同じようにその後に封印されたプレートが付いています。トレーラーには後のプレートしかないけれども、前のトラクターとはまったく違います。
後のトレーラーは1台の自動車として登録されているからです。我々の考えているトレーラーも実は同じ法律に基づいて取扱われます。
1台の自動車として検査され、登録され、自賠責保険を掛けられ、課税されます。
どんなに小さなトレーラーでも自動車で牽引しようとするなら、ナンバープレートが付いてなかったら無車検運行です。
また小型特殊自動車である耕運機などで牽引される農作業用トレーラーなどは、普通の自動車では牽引できません。
検査を受ければ、普通の自動車と同じようにナンバープレートが交付され、種別、用途、形状、積載量が決められます。
その大きさによって普通車、小型車、軽自動車が決まります。ボートトレーラはボート以外の物を載せてはダメです。キャンピングトレーラーを荷物を運ぶのに使ってはいけません。最大積載量を超える重い物を運べば積載違反です。
普通の自動車と同じ手続きで登録され、車検証を手にする事になります。


普通免許で引けるトレーラーは総重量750kgまで!
総重量750kgまでのトレーラーはどちらの法律でも取扱いが厳しくありません
最大のメリットは普通免許で牽引できる事です。総重量750kgを超えるトレーラーは牽引免許が必要です。
総重量750kgを超えるトレーラーを重被牽引車と呼びますが、その重被牽引車のうち、「セミトレーラ以外の被牽引車で、車両総重量が2トン未満のものだけをけん引して運転することができる免許」があります。まさにそれは、キャンピングトレーラ等をけん引して運転することを想定した限定免許です。
しかし、運転教習所や運転試験場においてもそれに該当する車両が用意されていないのが現状で、実際には1500kgのキャンピングトレーラーを牽引しようとする人は限定の無い牽引免許を取る事が多いです。




高速道路では?
登録されたトレーラーは高速道路も当然走れます。
総重量750kgまでのトレーラー(重被牽引車以外の被牽引車)なら通行帯指定もありません。
最高速度は80km/hです。
料金は1軸トレーラー(真横から見てタイヤが一つ)の場合、牽引車が普通車なら中型料金、中型車なら大型料金になります。
トレーラーを引くことになったら、ETCのセットアップもやり直す必要があります。
セットアップ申込書の車両特記事項欄に「けん引装置あり」とすることで、牽引時には自動的にワンランクUPでカウントされます。


Copyright © 2003 Akio Akao.All Rights Reserved.
無断転記、転用を禁ず